真丘奈央(まさおかなお)公式サイト





 


 

 

 

 

 




 



皆様お元気ですか?

私は今、大学3年生。楽しい学生生活も半分以上が過ぎてしまいました。

1?2年生の時は、イタリア語その他、語学の勉強と、音楽の仕組みや歴史など、基礎知識を身に付ける授業が多く、
試験の度に寝不足と戦い、我が脳みその衰えを実感しておりました。

でも3年生になると、基礎のかわりに歌うことや同級生の歌を聞く機会がぐっと増え、日々刺激を受けています。

“音大で声楽を学んでいる!”

という幸せな実感をかみしめる瞬間が、ますます多くなりました(#^.^#)

しかし、歌は本当に難しいです。
徐々にクラシックの発声が身についてきている、と信じたいところですがこれがなかなか・・・
三歩進んで二歩下がるどころか、一歩につき三歩下がっているような気がすることも・・・

そんなこんなですが、ぼちぼち活動を再開しております。

今年の夏、長野県の大きなショッピングモールのイベントで宝塚のショーに参加。久々に男役一色のお仕事でした。

/29には国立音大声楽科の一員としてコーラスでサントリーホールにのり、大野和士さんの指揮による
東京フィルハーモニーの演奏でマーラーの「復活」を歌う、
という素晴らしい体験もしました。
当日は皇太子様も客席にいらっしゃいました!


秋は学校のイベントが続きます。

11月には毎年恒例、声楽の発表会と合唱の会があり、発表会ではソロを2曲とオペラの重唱を1曲歌い、
合唱の会ではハイドンの「ネルソンメッサ」のコーラスに参加します。

詳細は“information”をご覧下さい♪

そして12月ですが、初めてオペラに参加致します。
12/17()18()の2日間、劇場は横浜市のテアトルフォンテです。
「シンデレラ」のお話をフランスの作曲家マスネがオペラにした作品で、今回は日本語での上演です。
皆様もよくご存知のおとぎ話ですが、“シンデレラ姫”は美しく華やかで、
“いじわるなまま母と姉達”はユーモラスで迫力があって魅力たっぷり!

テンポが良く、少しですが動きもあってミュージカルのようなオペラです。

私は精霊6人の中の一人。アンサンブルでの出演ですが、お稽古場では、クラシックの世界で活躍する方々の歌を間近に聴き、オペラの空気を体感しております。
昼夜2回ずつ、二日間の公演のうち、私は昼のみの出演です。
寒く、そしてお忙しい時期ではございますが、お誘い合わせのうえ是非劇場へ足をお運び下さい!!


もうひとつ。

年末に行われるN響の第九コンサートのコーラスは国立音大声楽科3年生が務めるのが恒例となっています。
私も今年、ソプラノで参加します。
NHKホールで4回、サントリーホールで1回の公演で、大晦日にはTVでも放映されます。

若―い同級生達にまじって歌う勇姿!?をどうぞご覧くださいませ?

                                   

                                                                    はっぱ

 
message1   message2   message3   message4



 copyright 2009 happa circle, all rights reserved
 掲載されている記事・写真の無断転用を禁じます。

message4.htmlへのリンク

newpage12.htmlへのリンク